SCHÜTZ CLEANCERT は –
リスク管理がパッケージングから始まります。


プラスチック容器において重要なことは、プラスチック原料と内容物との適合性です。今まで、製造工程内の潜在的なリスクは、軽視されてきました。これは深刻な汚染につながることがあります。SCHÜTZ CLEANCERTで、内容物の汚染リスクを最小に抑えることができます。


SCHÜTZ CLEANCERT IBCは、技術的な清潔さと安全性が不可欠な用途で使用するために製造されています。最高の衛生・安全基準は、材料・製品や製造プロセスのために適用されます SCHÜTZ’s CLEANCERT IBC。


継続的な改善プロセスでは、シュッツは高度な清浄度基準を達成することを目指し、要求の厳しい業界で定められた基準を活用しております。(自動車・塗料・電子材料・過酸化化合物など)


現時点での衛生と安全のための最高水準であるFSSC22000の標準に基づいて、私たちのCLEANCERTの適用範囲は、包装生産チェーンに沿って汚染リスクを可能な限り排除するFMEA分析が主となります。

関連する管理システムの新たな導入と総合的な予防対策の実施で、私たちはお客様の内容物を保護するためにSCHÜTZ CLEANCERTとして技術的な清潔さと安全性に新たな基準を設定します。



Product Information SCHÜTZ CLEANCERT

Risk management for quality sensitive filling products

Download PDF