シュッツ・コンテナ・システムズ株式会社は世界最大のIBCメーカーであるドイツ・シュッツ社の日本法人です。    


日本では1998年からアジア・パシフィック地域で初めてIBCの製造を開始しました。   2014年には神奈川県秦野市に工場を建設し、シュッツグループの誇る最新鋭の設備を導入しました。   翌2015年にはFSSC22000を取得し、従来の化学品に加え、食品・化粧品・医薬品にも今まで以上に安心して御使用いただける様になりました。   使用済IBCの無償回収サービス(チケット・サービス)も日本のみならず世界規模でご提供しております。